この記事では、世界中のエンジニアから支持されているゲーム開発エンジン「Unity」のインストール&セットアップ方法についてご紹介します。

Unityは本格的なゲーム開発が可能で、超有名ゲームソフトやスマホアプリも作られていたりします。個人でゲーム開発を行って成功するエンジニアも続出しているんです。本当に夢のある時代になったと思います。
※Unityの大きな特徴として語られるのが「マルチプラットフォーム対応」で、一つのソースコードからスマホアプリや、据え置き型と呼ばれるゲーム機(ハードウェア)に対応したゲームを開発することが可能です。

また、個人開発以外でも、Unityでアプリ開発をした実績があるというだけで、仕事の依頼が来る事も珍しくありません。私の所にもUnityによる開発依頼がちょくちょくきます。

前置きが長くなりましたが、Unityのインストール&セットアップを行っていきたいと思います。

Unityのインストール&セットアップ

ではさっそくUnityをインストールしていきましょう。

Unityを使える状態にするためには、まずUnityのインストールとアクティベーションが必要になります。

Unityのダウンロード

インストーラのダウンロードページ

まずは、こちらから「Unity」をダウンロードします。

https://unity3d.com/jp/get-unity/download

ダウンロードページにて「Unityを選択+ダウンロード」をクリックします。

■ダウンロードページ

プラン選択

プランの選択画面に遷移します。

無料プランでOKであれば、個人向けのPersonalプランを選択します。

■「プランと価格」選択ページ(無料プランを選択)

Unity Storeページに遷移

unity Storeページに遷移するので、「始めよう」ボタンをクリックする

■unity Storeページ

利用規約

利用規約ページに遷移するので、利用規約を読んで「同意してダウンロードする」をクリックする。

■利用規約ページ

初めてのダウンロードの場合は「UnityHub」のダウンロードから開始します。

UnityHubについて

UnityHubはUnityのバージョン管理をしてくれる便利なツールです。
※本体ではなくて、あくまでバージョン管理ツールなので要注意

様々な活用方法があるのですが、ゲーム開発者にとってこのツールのメリットは、「自分が作成したゲームが動くバージョン」の管理ができる、という点だと思います。

Unityには様々なバージョンが存在します。一度Unityでゲームを作っても別のバージョンで動かしたら動かなかった。。。なんて事があります。

そんな時に、元々ゲーム作成時に使用したUnityのバージョンを管理しておく事で、「あ、こっちのバージョンで動かせばいいや。」という様な選択ができる様になるのです。

UnityHubは以下の手順でインストールできます。

■UnityHubのインストール

  1. UnityHubセットアップウィザードが開く
  2. UnityHubの規約を読んで「同意する」ボタンをクリックする。
  3. インストール先フォルダを入力して「インストール」ボタンをクリックする。
  4. UnityHubのセットアップウィザードが完了したら「完了」ボタンをクリックする。

Unity本体のインストール

UnityHubにてUnity本体のインストール画面が開きます。

■UnityHubでのUnityのインストール画面

Unity IDを作成画面

Unity IDの作成画面に遷移します。
※既にUnity IDを持っている場合はそのIDを使用してOKです

■Unity IDを作成画面

Select Microgameの設定

デフォルト設定にもなるMicrogameを選択します。

■「Select Microgame」の画面

Unityの起動確認

Unityのダウンロードが完了したらUnityを起動してみましょう。

■Unityの起動画面

Unityの画面

これでやっとUnityを起動する事ができました。

■Unity画面

Unityを触ってみよう

次に実際にUnityを触ってみましょう。

「Select Microgame」にてレースゲームのサンプルがダウンロードされているはずですので、今回はこのゲームの開発画面と実行画面を触ってみましょう。
※開発画面と実行画面というのはUnityの世界での正式名称ではありませんが、イメージとして理解していただけたらと思います。

Unityのゲーム開発画面

Unityが起動すると、まずはUnityでのプロジェクト開発画面が開きます。

この画面はEclipse等の開発環境ツールを使った事がある方は、それと同様のものと思ってOKです。オブジェクトを作成したり、それに紐づくプログラミング(C#で行う)等は、この画面で行う事になります。

各プロブラムや設定ファイル同士の紐づけなどは、基本的にこの開発画面上で簡単に行う事ができます。これは使っていくうちにその便利さがよく分かってくると思います。この開発画面を使って、これまでにいくつもの名作ゲームが誕生しています。ワクワクしてきますね^^

Unityのゲーム実行画面

画面上部の「再生」ボタンをクリックすると、プロジェクトが実行され、実際に開発されたゲームをプレイする事ができる様になります。

ゲームが再生された状態でキーボードの「↑↓→←」を操作すると、画面上の車が移動します。そして、作成されたコースの上を走行する事が可能になります。いわゆるゲームをプレイできる様になります。

ちなみに操作性も気持ち良くて楽しいゲームですね。コースのオブジェクトや必要なプログラミングを追加すれば、様々なコースでの走行が可能になります。実際にゲームをプレイしてみると、Unityによって様々なゲームを開発する事ができる!という事が分かると思います。

まとめ

今回はUnityのダウンロード&インストールというテーマについて、以下の事をy中心にお伝えしました。

  • Unityのダウンロード
  • UnityHubについて
  • Unityのインストール
  • Unityを起動して触ってみる

一度セットアップの方法が分かっていれば、再度セットアップをする際はよりスムーズに作業が進むと思います。

また、実際にUnityの画面を触ってみる事で、ゲームを開発していくイメージが持てたのではないでしょうか?ゲームを作る際には別のソフトウェアを使用してオブジェクトを作成したり、必要なプログラムを用意する事で、どんどんゲームの世界観を大きくしていく事ができます。

多くの著名なゲーム開発者も、このUnityをインストールする所から夢が始まっています。あなたも、ここからUnityで様々なゲームを開発していきましょう。