現在はプログラミングスクールの形態が多様化しています。そして、プログラミングを学びたい人それぞれのニーズにマッチしたサービスが続々登場しています。

昔であれば、学校に行くための時間も作らなければならないし、お金もかなりかかる、というのが、スクールの定番でした。

最近はテレビ電話やチャットを使った授業や、WEB動画だけの授業、もしくは夜間や週末だけの学校などもあるので、自分のライフスタイルに合わせた勉強方法を選択する事ができます。

そしてとにかく講義のクオリティが高いです。今回は、現役エンジニアの私がプログラミングスクールを比較して、どの様に選択すれば良いのかを解説をしていきます。

■この記事はこんな方向けに書いております

  • どのプログラミングスクールを選択したら良いか迷っている
  • 現在スクールに通っているが、講義の内容が全然分からない
  • IT業界未経験だが、IT業界に転職をしたい
  • 現在IT業界で働いているが、もっとスキルアップをしたいのでスクールに興味がある

プログラミングスクールを選ぶ前に

まず、実際にスクールを選ぶ前にしっかりと決めておくべき事をまとめました。

事前に決めておきたい事

プログラミングスクールに通う上で事前に決めておきたい事、

それはスクールに通う理由です。

何も考えずにスクールに通うのではなく、特に以下の様な事を念頭に置いて、理由を明確にしておきましょう。

自分の目的を明確にしておく(なぜプログラミングを学ぶのか?)

勉強時間の確保(週に5時間の時間を確保する。など)

将来の目標(IT業界への就職・転職、独立など)

プログラミングスクールの選択基準を決める

スクールに通う理由を明確にした上で、基本的には以下のバランスを考えてスクールを決めましょう。

  • 講義内容の質が高い、もしくは自分の目的に合っているスクールを活用する
  • メンター、講師陣が優秀なスクールを活用する
  • 自分が支払える範囲内の料金である
  • 動画等のオンラインスクールor直接受講型のスクールのどちらが良いかを決めておく
  • (直接受講型のスクールであれば)家から通えるスクールを活用する
  • (転職・独立希望の場合)斡旋サービスがあるスクールを活用する

また、個人的にこだわりがある場合は、その部分も条件に加えましょう。

質が良ければ料金も高くなる傾向があるため、ここはあくまでバランスを考えればOKです。

プログラミングスクールの比較

では本題に入り、スクールを比較していきましょう。

まずはざっくりとどの様な形態のスクールがあるかをリサーチしましょう。参考までにスクールの種類を大まかに分けたものをご紹介します。

■スクールの種類

講義体系 オフライン・教室タイプ
(直接指導有)
オンライン
(直接指導有)
オンライン動画講義
(直接指導無・質問受付は可)
代表的なスクール 専門学校等(昼・夜間) CodeCamp、TechAcademy udemy
価格 高め コース次第 安め
サポート 手厚い 手厚い 普通
場所 関東・都市部が多い どこでも受講可能 どこでも受講可能

最近はオフラインのスクールでもオンライン対応をしたり、逆にオフラインだったスクールが教室を作ったりとお互いの良い部分がMIXされるケースもあります。各スクールの詳細はこの後の「オススメなプログラミングスクール」でご紹介します。

リサーチ・比較のポイント

スクールをリサーチする際のポイントは、自分に合ったスクールを選択するために必要な情報を整理する事です。

自分のニーズを全て満たす様なスクールはなかなかないかもしれません。でも、これだけは譲れないというポイントと、妥協できるポイントを自分の中で整理ながらリサーチすると良いです。

実際には大抵のスクールで無料体験の受講や、選択コースの相談もできるので、その様なサービスを活用しながら、効果的にリサーチを行いましょう。
※本サイトでご紹介するスクールでは無料体験後のしつこい勧誘などはありませんので、ご心配はいりません!

これからスクールを選択する上で重要なポイントをより詳しく挙げていきます。このポイントを押さえてリサーチをしましょう。

講義体系

講義体系は主に以下の3つがあります。

オフライン(直接指導有)

メンター・講師による直接講義があります。面と向かった指導のため、つまづいても講師と一緒に解決可能です。住んでいるエリア、通勤途中等にスクールがあるという方向けのスクールになります。

オンライン(直接指導有)

メンター・講師から直接講義を受ける事ができます。ビデオ通話やチャットを使ってリアルタイムで質問・相談をする事ができるため、オフラインと同様にどこかでつまづいても講師と一緒に解決する事ができます。またどこでも講義を受講する事ができるというメリットがあります。独学で勉強するのは難しいし、近くに良いスクールが無い、もしくは忙しくて時間が取りづらいという方に向いています。

オンライン(直接指導無)、動画配信等による講義

基本的に直接指導・講義は受けずに配信されている動画を見て勉強するスタイルになります。講師に質問できるスクールもあるので、その場合は回答をもらう事ができます。独学でも勉強ができるタイプの人向けです。

自分にあったものを選択しよう!

動画配信による講義は時間や場所を選ばすに受講できるメリットがあります。逆に講師による直接指導の場合は知識がしっかりと定着しやすい&プログラミングの作業を実体験できる。というメリットがあります。

自分にはどちらが合っているかを考慮しながらスクールを選ぶ事が大切です。

スクールの料金

プログラミングスクールの料金は様々です。直に教えてもらうスクールほど高くなる傾向にありますし、動画で学ぶオンラインのスクールであれば値段は安めになる傾向があります。オンラインのものであっても、動画電話などで講師から直接指導がある場合は少し高めになるなど、プランによっても様々です。

安ければ10万円~というものもありますし、少し高いものは50万円を超えるものもあります。ただ、転職などを希望している方であれば50万円も未来への投資と考えれば決して高い金額ではないと思います。値段だけが安いスクールに言っても、時間を無駄にしてしまいますので、将来の事も考えながらしっかりとスクール選びをしましょう。

直に教えてもらう方が当然スキルが高くなる傾向にあります。スキルが身に付かなければ意味がないので、あまり値段にこだわり過ぎず、一つの指標として考えるのが良いです。

場所

直に教えてもらう場合は、家の近くにあるかどうかを確認しておくべきです。多少値段が高くても、家のすぐ近くにあるのであれば、そちらの方が通学も楽だし、時間も節約できます。

逆に、オンラインの場合は場所を選ばずに受講ができ、通勤・通学時にも学ぶ事ができるので、時間を有効活用できます。

講義の質

講義の質についてもしっかりと把握しておきましょう。

基本的には直接指導の方が当然質は高くなる傾向にありますが、値段も高くなります。自分に合った講義の形であれば、飲み込みも良いと思いますので、自分に合ったものを選択する様にしましょう。

講師陣の質

講師(メンターとも呼ばれる)の方の質も非常に大事です。

特に大事なのは、

・そもそも専門のジャンルに対応する知識を持っているのか?
・質問をした時にすぐに回答をしてくれるか?
・就職・転職・独立の相談に乗ってくれるか?

という点です。これらをなるべく満たしてくれる講師の方から学ぶと良いです。

これは実際に、スクールの体験学習などを受けてみないと分からないので、無料の体験学習を受けてみると良いと思います。

大抵のスクールは無料の体験学習サービスを用意しています。

就職、転職の斡旋・独立支援

後々で、就職・転職を検討しているのであれば支援サービスがあるスクールを選択した方が良いです。

今は多くのスクールが企業と提携をしていたり、同じ会社の中でスクールと就職・転職サービスを運営している事も多いので、斡旋サービスもかなり充実したものになります。

もちろん、自分の力で仕事を探す事もできますが、講師やメンターが面談や職務経歴書の書き方を教えてくれる事もあるので、ぜひ活用したいサービスです。

オススメのプログラミングスクール

実際にオススメできるプログラミングスクールをご紹介します。

それがコードキャンプとテックアカデミーです。

コードキャンプとテックアカデミーはいずれも、自力でオリジナルアプリを開発する力を身に付ける事ができ、転職でも有利になる程に企業からも信頼されているスクールです。

どちらも素晴らしいスクールですが、カリキュラムや受講方法について若干の違いがあります。評判・口コミ情報などを中心に、詳しくは別の記事にまとめていますのでそちらを参考にして下さい。

コードキャンプの評判・口コミ・特徴を見る

テックアカデミーの評判・口コミ・特徴を見る

まとめ

今回はプログラミングスクールの比較方法についてご紹介しました。

1人1人に合った形式のスクールがあると思いますので、スクールをじっくりと比較しながらぜひ自分に合ったものを探してみて下さい。

そして、記事中でもお伝えしている通り、一度プログラミングスクールの無料体験講座を受けてみると、スクールで学ぶ内容が明確にイメージできる様になると思います。

先々の目標を立てておく事も大切で、今後、転職等を考えている場合は、スクールに通ったという実践だけでもやる気があると判断してもらえる事があるため、転職活動にも有利になります。

自分の目標を明確にしながら、スクールを選択できる様にしましょう。