今は個人でも本格的なゲーム開発を行える環境が整いつつあります!

特に世界中のゲームクリエイターが使用しているのが、ゲーム開発エンジンのUnity。個人開発を行っているほとんどのクリエイターが使用しているとも言われている超有名なソフトウェアです。

Unityはゲームやアプリ開発に限らず、映像制作、AR・VR製品の開発にも使用される等、活躍の幅が広がっている超優良ソフトウェアと言っても過言ではありません!

使い方さえ分かれば、簡単にゲームが作れるとも言われているUnityですが、実際の所は操作が結構難しくて使い方やゲームの作り方が分からない!という方も多い様です。

今回はUnityのゲーム開発入門と題して、ゲーム作りの基本的な流れを紹介していきます。

この記事は以下の様な方を対象にしています

  • Unityでゲームを作る基本的な流れを知りたい!
  • 一度Unityを触った事はあるけど、なんだかよく分からなくてその後触っていない
  • 今はUE等の他の開発エンジンを使っているけれど、Unityの事も知りたい
  • 今後Unityエンジニアになりたいので、まずは基本を知りたい

リーベルリーベル

一緒にUnityでゲームなどを開発する流れを学んでいきましょー!
Unityを使いこなせると本当に色々な事ができる様になりますよ。

Unityの使用準備

さて、まずはUnityを使うための準備をしていきましょう。既に準備は完了している場合は飛ばしていただいてOKです。

リーベルリーベル

少し面倒ですが、Unityを使うために必要な準備をしていましょう。
インストールとセットアップが完了すればUnityを使える様になります。

Unityのインストールとセットアップ

とりあえずUnity本体をインストールしない事には何も始まりません。まずはUnityのインストール&セットアップをしましょう。Unityのインストールとセットアップに関してはこちらの記事を参考にして下さい。おそらくUnityと一緒にインストールする事になるUnity Hubについても説明をしています。

Visual Studio Codeのインストールとセットアップ

UnityではC#を使ってオブジェクト(キャラクター等の物体)に命令を与えたりする事ができます。C#のコードを編集する際には、編集用のエディタを使用すると便利です。以前はVisual Studioを使用してコードを編集する方が多かったのですが、今は動作が軽快なVisual Studio Codeを使用すると非常に便利です。

既にVisual Studioを使用されている場合はそちらを使用しても良いのですが、まだエディタを用意していない場合はこちらを使うと便利だと思います。こちらもインストールの方法を紹介しておきます。

Unity入門編

ここから具体的にUnityの使い方を説明していきます。

リーベルリーベル

まずはUnityの基本的な操作方法を中心に勉強しましょう!
基本的な操作を覚えれば自分でプログラムを書かなくても、単純なゲームなどは作れてしまいますよ。

Unityの画面構成を覚えよう!

まずはUnityの画面構成や「ウィンドウ」や「ビュー」といった言葉の意味等をしっかりと覚えましょう。これらの言葉を知っておくと、Unity上の操作方法を調べる時にも「一体何を言っているのか?」がよく分かります。

Unityの基本操作とゲーム開発の流れ

Unityでゲーム開発を行う際は、プロジェクト、シーン、オブジェクト、コンポーネントの順番で開発を進めるのが一般的です。でもこれらのキーワードの意味が分からなければ何も始まりません。まずはこれらの言葉の意味についてしっかりと学び、ゲーム開発の流れをイメージできる様にしましょう。

オブジェクトの操作方法

ゲーム開発の流れが何となく分かったら、次はオブジェクトの操作方法を覚えましょう。

覚えるまでがちょっと大変かもしれませんが、オブジェクトの操作ができると自分で自由自在にゲームの世界を作れる様になります。いよいよゲーム開発!という感じがする工程でもあります。

オブジェクトの使い方やコンポーネントの使い方が分かったら、もう少し踏み込んでゲームの世界を作ってみましょう。ここでは、Cubeオブジェクトを使用して3Dの家を作ってみます。様々なものを作ってみる事でオブジェクト操作方法も分かってくると思います。

コンポーネントの使い方

次はコンポーネントの使い方を覚えましょう。コンポーネントを扱える様になると、ゲームの世界にあるオブジェクトに動きを加えたり、イベントを演出する事ができます。まさに、ゲームの世界に登場する人や物に命を吹き込める様になります。

Unityのアセットストアの使い方

ゲームを作る上で様々な素材が必要になります。

ゲームで使う素材例

  • CGでモデリングされたキャラクター
  • ゲームのサウンド
  • マップで使用するフィールドにあるオブジェクト(草、木、石など)
  • 背景のグラフィック(山、川など)
  • 2Dで使用するドット絵のキャラクター

ただ、これらを自分で準備するのは非常に時間がかかります。

でもUnityではこれらの素材をアセットストア(Asset store)で購入する事ができます。しかも無料で使用する事ができるアセット素材も多く、どれも無料とは思えない程のクオリティーです。世界中の超優秀なクリエイターが作った素材を使ってゲームを作れるだけでも革新的な事なのです。

リーベルリーベル

アセットストアにはこれが無料なの!?とビックリする様なアセット素材がたくさんありますよ。
自分でキャラクターデザインをしたり、音楽を用意できなくても、本格的なゲームを作れる様になります。

C#の使い方

UnityではC#言語を使って、ゲームの世界に登場する人や物の動作・設定に命令を与える事ができます。ここではC#の基本的な使い方について紹介をします。

リーベルリーベル

「コーディングか~。めんどいな~。」と思うかもしれませんが、自分でプログラムを書く事でゲームの世界に息吹きを吹き込む事ができる様になるんですよ!

C#Script(スクリプト)でオブジェクトを動かす

Unityの場合、C#を使用してオブジェクトを簡単に操作できます。ここではC#を使ってオブジェクトを操作する基本的な方法を解説します。使い方さえ分かればとっても簡単ですよ。

C#の基本文法

C#は様々な事ができるプログラミング言語です。Unityで使用するC#の命令文は多少限定されたものになりますが、ここではC#がどの様な言語なのかを覚えておきましょう。

C#に関する記事を紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

今回はUnityでゲーム開発を行う基本的な流れについてご紹介しました。

今回ご紹介したUnity開発の流れ

  • まずはUnityのインストール
  • Unityの画面構成をしっかりと覚えよう
  • Unityの基本操作とゲーム開発の流れを覚えよう
  • オブジェクトを操作できる様になろう
  • コンポーネントを使える様になろう
  • アセットストアで素晴らしいアセット素材を探してみよう
  • C#の使い方を覚えよう

これらの事を覚えておけば、ゲーム開発の基本的な流れは掴めると思います。

ゲーム開発というのは今回紹介した様な知識・スキルも必要ですが、やはり想像力・発想力が本当に大切です。素晴らしい世界観を持ったゲームを開発してみて下さい。

また、冒頭でもお伝えしている通り、Unityを使える様になれば本格的なゲーム開発が可能になります。さらにアニメーションやスマホアプリの開発等もできる様になります。様々な可能性を持ったUnityを使える様になると、本当に色々なプロダクト・作成を作れる様になります。