近頃は、フリーランスのエンジニアの方が仕事を探しやすい時代になりました。優良なエージェントが増えており、仕事探しもサクサクと進められます。

今回はフリーランス向けの案件紹介エージェントの中でも、よく名前を聞く様になった「ポテパンフリーランス」についてご紹介します。ポテパンフリーランスは常時2000件以上の案件を抱えていると言われており案件数の多さ仕事の紹介が早い事でも有名です。2014年に運営が開始したばかりなのですが、非常に勢いがあるサービスです。

ポテパンでは、プログラミングスクールも運営しており、エンジニアに対して独自の審査・評価基準があります。そのため、他のエージェントで仕事が見つからないため、ポテパンでもダメ!とはなりません。他のエージェントでは仕事がみつからなかったけどポテパンで仕事を見つけたという方も多数います。

また、未経験の分野であっても、ポテパンキャンプというスクールでコースを受講すれば、案件紹介を受ける事ができるという、なかなか上手い仕組みになっています。(プログラミングスクールのポテパンキャンプ、転職希望者向けのポテパンキャリアなどもあります。)ポテパンの審査基準は業界でも信頼を集めているので、実際に審査をしてもらう事で技術力を客観的に評価する機会にもなります。

非常に仕事を探しやすそうなポテパンフリーランスですが、やはりその実態が非常に気になる所でもありますよね。今回は、現役エンジニアの私が、ポテパンの評判・口コミ、特徴(メリット・デメリット)、登録方法などについて徹底的に解説しますので、ぜひご参考にして下さい。

ポテパンフリーランスの評判・口コミ

ポテパンスリーランスの気になる評判・口コミから一緒にチェックしていきましょう。

独立してしばらく経つので他のエージェントも登録していますが、ポテパンさんは案件紹介が早いのがいいですね。早く次の案件を取りたい時に本当に頼りになります。
案件も多いので、どんな案件があるのか担当の方と連絡を取って今も情報収集をしています。

30代 男性

会社員としてWEB系のエンジニアを数年経験した後、スキルアップのために独立しました。独立前からポテパンさんに相談していたのが功を奏して、未経験の業界の案件を紹介してもらえました。自分が希望する業界だったので、非常に満足しています。

担当の方が、こちらの気持ちをよく理解してくれたので、当時はかなり色々と相談をしてしまいました。今後も長く付き合いを続けていきたいですね。

30代 男性

案件数は多いですが、在宅などの仕事はちょっと少ないかなと感じました。フルタイムの常駐系が多い印象です。

とはいえ、様々な案件があるので、活用しておいて損はないサービスだと感じます。特に仕事に困っている時は助かりそう。

個人的には在宅案件をもう少し揃えてくれる事に今後期待をしています。

30代 女性

とにかく急ぎで仕事を探していた時期に利用させてもらったのですが、仕事の紹介が早くて助かりました。私が以前利用した転職系サービスなどと比較するとすごくスピード感があります。

案件の内容は様々ですが、ちゃんと各案件の特色も説明してくれました。他のエージェントなどを利用する場合も同じかもしれませんが、急いで仕事を探している時でも自分の希望はしっかりと伝えた方が良い仕事に巡り合える気がします。

30代 男性

プログラミングのスクールには通っていましたが、実務経験が乏しい状態(カスタマーサポートを半年程度)でフリーランスを目指しました。そんな自分にも案件を紹介してくれました。

実務経験だけではなくて、やる気や学習経験を重視してくれた事が嬉しかったです。念願の開発ができているので満足しています。

20代 男性

評判・口コミの内容をまとめると冒頭でもお伝えした通り、やはり案件の紹介スピードが早いという意見が非常に多いです。自由度が高い案件が少ないという声もありましたが、サービス自体が悪いという声はありませんでした。

仕事を探す事に不安を感じているフリーランスの方が多い中で、案件数が多い&紹介が早いというのは、本当に頼りになるサービスだと言えます。なるべく早く案件紹介を受けたいという方にとっては最初に登録をおすすめしたいエージェントです。また、仕事の谷間ができてしまう事が不安なために安定して案件紹介を受けたいというエンジニアの方にも向いています。

ポテパンにはこの他にも様々なサポートサービス優れた特徴がありますので、この後で詳しくご紹介しますね。

【▽ポテパンフリーランスの公式サイトはコチラ▽】

ポテパンフリーランスの特徴

ポテパンの特徴や、他のエージェントと比較した上でのメリット・デメリットを詳しく紹介をします。

ポテパンフリーランスのメリット

ポテパンフリーランスを活用するメリットを以下の通りにまとめました。

  • 案件紹介のスピードが早い(人によっては1日で案件紹介が来る事も)
    ※とはいえ、基本的には紹介まで2週間程度は見ておいた方が良い
  • 案件数が多い(常に2000件以上の案件を抱えていると言われている)
    ※案件が多いため、フリーランスになり立ての人でも受注しやすい案件がある
  • 非公開案件が多く、ポテパンにしかない案件がある
  • 未経験者でも受注可能な仕事がある(ただし、インフラ系)
  • フリーランス向けのサポートサービス(税務、保険)がある
  • 中抜きを可能な限りカットしているので報酬が高い
  • エンジニア経験豊富な担当者が相談に乗ってくれるので心強い。
  • 支払いサイトは基本的に30日が多い(案件により40日~となる事もある)
    ※支払いサイト30日であれば一般的には早い方
  • 半常駐案件(週3,4勤務)の案件も選択可能

様々なメリットがあるポテパンフリーランスですが、その中から特に秀でた特徴をさらに詳しくご紹介します。

案件紹介が早い

口コミにもあった様に案件紹介のスピードはとにかく早いです。他のフリーランスのエージェントと比較をしても、このスピードはトップクラスと言えます。早い人であれば1日で案件紹介があったり、面談の時には既にいくつか紹介をされたというケースもある程です。これはスキルマッチするスピードが早いサービスの特徴です。

ただ、当然スキルや経験年数等によって紹介数も早さも異なりますので、多少の余裕は見ておく方が余裕をもって仕事は探せると思います。それと、業務経歴書や面談対策の事前準備などもできるだけしておきましょう。また、本当に急ぎで案件を探しているのであれば、他のエージェントも併用する事を検討した方が良いと思います。

案件数が多い(特に非公開案件)

業界トップクラスとまでは行きませんが、案件数が非常に多く常時2000件以上の案件を抱えていると言われています。これはフリーランスのエンジニアにとっては非常に心強いです。しかも、その大半が非公開案件であるため、他のエージェントでは自分に合うものがなかった。という方であっても、ポテパンフリーランスであれば仕案件が見つかる可能性が十分にあります。

さらに、参画先の案件がカットオーバーとなった場合、豊富な案件の中から、事前に次の案件を探してくれますので、仕事の谷間ができてしまう事に不安を感じている方にもおすすめができます。

業界未経験者への案件紹介もある

フリーランスのエージェントは未経験者向けの案件は少ないのが一般的です。ただ、ポテパンの場合は業界未経験者への案件紹介も行っています。これはIT業界・エンジニアとしてのキャリアを渇望する方にはうってつけです。

未経験とはいっても、独学やプログラミングスクールで身に付けたスキルやる気などは問われますので、自分のスキルや目標を見える化して、案件紹介の幅を広げる努力をしておくと良いと思います。スキルによって、当然紹介案件は限定される事もありますので、自分のスキルを磨いたり広げたり自己研鑽を怠らない様にしましょう。

ちなみに、既に企業でエンジニアとして活躍されていた方で、フリーランスが未経験という方であれば、仕事はたくさんあると思って良いです。

ポテパンフリーランスのデメリット

一方で、他のエージェントと比較をしたポテパンフリーランスのデメリットは以下になると思います。

  • 未経験者案件が多い=玄人技術者には向かない案件もある
  • 勤務地は関東・関西が大半
  • 在宅案件は少ない(ゼロではないので早めに相談しておくと良い)

ポテパンフリーランスのメリットとデメリットを比較!

注目したいポイントとしてはは、評判・口コミにもあった様にやはり案件紹介のスピードと、案件数の多さだと思います。また、他のエージェントと比較をすると、フリーランス初心者の方や、業界未経験者向けの案件も多いです。

フリーランス向けのサポートサービスなども充実しているので、フリーの生き方に不安を持っている場合、まずはポテパンのサービスを活用する事で、フリーランスとして生きていくために必要な知識・スキルなども身に付ける事ができます。

また、数は少ないですが、週3,4でできる半常駐案件などもあるので、自由度が高い仕事を希望される場合もぜひ活用したいサービスです。在宅案件も多少はありますが、在宅で可能な案件は数が少ない上に人気が集中するため、希望する場合は早めにカウンセリングを受けて、事前に相談しておく様にしましょう。

ポテパンのクライアントからニーズの高いスキルは?

ポテパンの場合は他のエージェントと同様に関東圏、関西圏の仕事が大半を占めます。

関東圏の場合は相対的にベンチャー関連の仕事が多いため、WEB系案件が中心になります。スキルとしてはJava、PHP、Ruby(RoR)等を求められる事が多いです。今後はPython等も増えるかもしれません。関西圏の場合は大手のメーカー関連の仕事が多く、Javaが多いです。現場によってはC言語を使う事もあります。

また、共通してLinux、UNIX等のOS知識も当然必要になりますので、WINやMACしか使えない人と比べると、それだけでも一つの技術と評価されます。※最近Linuxを使えない人が多いですね。。。

現状、WEB系の方が未経験者の採用枠は広いです。関東圏であれば特別なスキルがなくとも、やる気や、これまでの社会経験を活かして仕事を探せる可能性は高くなります。

ポテパンフリーランスはどんな人におすすめなのか?

ポテパンフリーランスの評判・口コミや特徴を考慮すると、以下の様な方におすすめのエージェントと言えます。

早めに案件紹介を受けたい方・フリーランス初心者の方

すぐに参画できる案件を探している方には非常にオススメできるサービスです。また、サポートが厚いのでフリーランス初心者、もしくはエンジニア経験が浅い人にも、かなり活用しやすいサービスとなっています。未経験の方でも案件紹介をしてもらえたという実績もあるほどです。
※すぐに参画できる案件が多いとはいえ、仕事は1秒でも早く探した方が良い案件は見つかりやすいですよ^^

特に仕事を探している&業界経験が浅い状態であれば、真っ先にポテパンに登録すべきです。といっても、案件の内容が自分に合うかどうかは、しっかりと判断して良いと思います。この辺りは担当者ともじっくり話し合う事をオススメします。

エンジニア経験が長いけど新しい案件を探している方

未経験者向けの案件は玄人の方には向かないものもあるとお伝えしましたが、案件数が多く、仕事内容の幅も広いため、エンジニア歴が長い人向けの案件も当然あります。非公開案件などは特に興味をそそられるのではないでしょうか。案件内容が本当に千差万別なので、自分に合った案件かどうかは取捨選択をする必要があります。

ですので、他のエージェントを活用しながらも、少し別ジャンルの案件に携わりたい・案件が終わってしまいそうという方も登録をしておくと良いと思います。

ポテパンフリーランスでは在宅の案件もあるため、「通勤のある仕事だと続けらけない。在宅ならできるのに。。」という悩みを抱えている方向けの仕事もあります。特に、主婦の方で力を眠らせている優秀なエンジニアは結構多いので、活躍できる場が見つかるかもしれません。

エージェント毎にサービス内容は違いますので、既にほかのエージェントに登録をしていても、いくつかのエージェントを併用すると良いです。
※エージェントによっては他のエージェントを活用すると特定の保証サービスを受けられないケースもあるので、その点はエージェントの制度を確認しておく様にしましょう。

仕事開始までの手順

実際にポテパンのサービスを活用して仕事を開始するまでの手順をご紹介します。

会員登録

まずはポテパンフリーランスへの会員登録を行います。

登録情報は、

  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 希望する契約形態(常駐/在宅)

となります。

登録は以下から簡単にできます。


【▽ポテパンフリーランスの公式サイトはコチラ▽】

コンサルタントによるカウンセリング

登録の手続きが完了したら、メール連絡が来ますので、カウンセリングの日程を調整しましょう。基本的には東京本社でコンサルタント(実際にエンジニア経験のある方が多い)のカウンセリングを受けます。
※カウンセリング前に業務経歴書を送付するケースもあります。既に業務経歴書がある場合は、事前に送付しておいた方がスムーズです。

ここでは、自分の意気込みスキルなどもしっかりアピールする様にしましょう。また、仕事をする上で不安な点などがあれば、納得できるまで相談して当然OKです。

とりあえずカウンセリングまでに以下については明確にしておきましょう。

  • スキル(言語、資格など)
  • 業務経験(業界知識、経験したフェーズ)
  • 希望する仕事の内容(使用言語、業務内容)

また、可能であれば、詳細なスキルシートや業務経験、(もしあれば)ポートフォリオなどもしっかりとまとめておくと、さらに業務力のアピールにもなります。

案件紹介

カウンセリングの内容を基に、案件の紹介を受けられる様になります。この紹介スピードが本当に早いです!様々な案件紹介を受ける事ができるので、自分に合ったものがあるか、しっかりと判断しましょう。

早い人は1~2日で紹介も来るとお伝えしましたが、ここはクライアントのタイミングもあるので、2週間くらいを見ておくと良いと思います。また、1件だけではなく、2,3件の複数の案件を紹介してもらえる事が多いので、自分に合った仕事を吟味しましょう。

クライアントとの面談

実際にプロジェクトを運営するクライアントとの面談を行います。
※その前に、当然ですが、クライアント側でスキルの確認を行います。法人成りをしている場合は、会社概要等の資料提出が必要になる事もありますので、必要書類はしっかりと提出しておきましょう。

エンジニア経験のある方であれば、面談のイメージは湧くと思いますが、転職の面談とは違って、実際のプロジェクトの説明・スキルの確認などが主な内容になる事が多いす。そのため、面談の判断基準はクライアントにゆだねられる事が多い印象です。※とはいえ、大きく変わった面談方法をするクライアントは少ないです。

就職活動時の面談ほど固くはありませんが、基本マナーなどには気をつける様にしましょう。当然の話ですが^^

契約・プロジェクトへの参画

面談の結果、契約となれば、無事にプロジェクトへ参画する形になります。

実際に仕事が開始した後も、当然ポテパンからのサポートも受ける事ができます。活用したいサービスがあればどんどん使ってみると良いです。また、一旦案件が終了した場合は、なるべくブランクが空かない様に次の案件紹介をしてくれますので、頼れるサービスです。


【▽ポテパンフリーランスの公式サイトはコチラ▽】

まとめ

今回はポテパンフリーランスについてご紹介をしました。

何度もお伝えした通り、案件数が多く、案件紹介スピードがとにかく早いサービスです。案件の内容は様々なので、どんなエンジニアの方にとっても良いと思いますが、特に未経験者や、フリーランス初心者にとっては非常に頼りになり、利用しやすいサービスだと思います。

抱えている案件数が多いので、自由度が高い仕事などを探す事もできます。何か新しい案件を探しているのであれば、まず案件を覗いて見て下さい。

サービスの活用自体は無料ですので、まずは色々と相談してみる事をおすすめします。