IT業界は人材の流動性が非常に高いと言われています。

普通は転職は35歳までが限界と言われる事もありますが、IT業界にはその常識は通用しません。エンジニア不足と言われる日本では、エンジニアへのニーズが高いため、35歳を超えても転職がしやすい状況が続いています。一般的な仕事がある程度の年齢になれば管理職となるのに対して、専門職として仕事を続けれられる点も転職しやすい理由の一つと言えます。

また、同一労働賃金制度が適用される中、仕事内容が同じなのに会社や仕事の契約内容によって賃金・待遇が異なるという事を多くのエンジニアが感じると思います。そのジレンマも人材流動性が高い理由となっています。会社を変えるだけで、今よりも良い環境、待遇で仕事ができるのであれば、転職を考えるのも当然の事です。

その様な背景の中で、今はIT業界への転職希望者にとって、非常に活用しやすい「転職サイト」「転職エージェント」も数多く存在しています。ひと昔前は、いざ転職をしようと思ってもどの様な活動をすれば良いのかが分からなかった方も多いはず。しかし、今は様々な転職サービスで転職をするためのサポートも行ってくれるので、自分のやる気次第で納得のいく転職ができる様にもなりました。

今回は、IT業界で転職する際に活用すべき転職サイト・転職エージェントについて徹底解説します。

この記事は以下の様な方に参考にしていただけると思います

  • 今勤めている会社に不満がある
  • エンジニアとしてキャリアアップを目指している
  • エンジニアとしてキャリアチェンジをしたい
  • 未経験だけどエンジニアになりたい

リーベルリーベル

自分に合った環境・条件の仕事を探しやすいというのはエンジニアにとって大きなメリットになります。
現状に不満があったり、キャリアアップを目指すのであれば、「転職」という選択肢を常に検討しておく方が良いと思います。

IT業界やエンジニアへの転職活動の進め方

転職サービスを活用する前には、どの様に転職活動を進めるかをイメージしましょう。まずはIT業界での転職活動の進め方について説明します。

転職の目的を明確にしよう

転職をする目的(何をしたいのか?)を明確にしましょう。

仕事だからといって大真面目に考える必要はありません。子供じみた思いでも良いので、「こんな事に挑戦したい!」「こんなシステムを開発したい!」といった情熱を明確にしましょう。その思いの強さで、転職の成否が決まると言っても過言ではありません。

同じエンジニアの仕事であっても職種は様々で、本当に自分に合った仕事にはまだ巡り合っていない可能性があります。目的を明確にする事で本当に自分に合った仕事に巡り合う可能性が高くなります。

転職に必要な情報を集めよう

次に転職するために必要な情報を集めましょう。

希望する仕事の概要

希望している仕事が実際にどの様な作業をするのかについて情報を調査しましょう。

いくつか希望の企業をピックアップして「会社のHP」や「転職サイトの求人」を確認してみる事をおすすめします。

自分自身が楽しそうだなを思えるポイント、逆に大変そうだなと思えるポイント等を見つけて自分が実際にその仕事をやってみたいかどうかを判断しましょう。

勤務した場合の待遇等

自分の希望する仕事が暦通りの仕事が多いのか、それともシフト勤務等が多いのか。特別な待遇等がある仕事なのか、ざっくりとで良いので情報を集めましょう。

この時点では具体的な企業の情報まで集める必要はありませんが、気になる会社等があれば転職サイト等で求人情報を見てみると待遇がよく分かります。

職種ごとに待遇は似ている事が多いので、いくつかの求人を見てみると比較しやすいです。

状況別の転職活動の仕方

IT業界・エンジニアへの転職の場合、現在の状況によって転職活動の方法は異なります。既に現場経験が長かったり、様々なITスキルや言語スキルを持っている場合と、未経験の場合では応募可能な求人も異なりますので、自分の状況に合わせて転職活動の計画を立てましょう。

エンジニアからエンジニアへの転職

既にエンジニアとしての経験が長い方は、同じエンジニアへの転職はさほど難しくはありません。むしろ同じ様な会社からのオファーが集まると困惑すらしてしまうかもしれません。

いざ転職活動を始める際にスムーズに立ち上がれる様に、転職に求めるものを明確にしておきましょう。

例えば、以下の様な事を明確にしておくと良いです。

  • 業種(メーカ系、金融系、流通、WEB系等々)
  • 自分のポジション(ITエンジニア、PM、コンサル等々)
  • 勤務地
  • 待遇(年収、福利厚生)
  • 関わりたい案件やフェーズ(車業界でAIによる自動操縦システムの設計等)

未経験からのエンジニアへの転職

未経験の状態からの転職の場合、応募可能な求人は正直限られます。しかし、やる気・理念・個人での開発経験等を上手くアピールする事ができれば、選択の幅も広がります。

求人情報で条件に合致しなくとも、転職エージェントの担当者に相談をすると、担当者が直接交渉をしてくれるケースもあります。

エンジニアの事が深く分からない、エンジニアになりたいとうケースであれば、まずは未経験でも応募しやすいインフラエンジニア等に転職をして、経験を積んだらアプリ開発等の業務に参加するというキャリアプランも考えられます。

未経験だけど、プログラミングの経験をしっかりと積みたいという場合には、プログラミングスクールで開発スキルを身に付けるというのも良い戦略です。有名なプログラミングスクールを卒業していれば、それだけでも企業から評価をされますので、現段階でスキルを身に付けたい場合にはスクールも検討すると良いです。

エンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント

前置きが長くなりましたが、本題である「おすすめの転職サイト・エージェント」をご紹介していきます。各サービスには様々な特徴があります。今回はその特徴別にご紹介します。

大手の転職サイト・エージェント

転職活動をする際、まずは大手のサービスに登録をしておきましょう。求人数が多く、業界の事や職種の勉強にもなります。

大手のサービスはIT系・エンジニア以外の職種も含まれていますが、IT系への転職者を対象とした小規模のサービスを別途運営しているケースがあるので、それらのサービスを活用する事がおすすめです。今回はその中から特に評判が高くておすすめのサービスを紹介します。

これらのサービスはいくつかを併用するのがオススメです。それぞれ様々な特徴がありますので、自分のニーズに合わせて必要なサービスは全て活用しましょう。

マイナビエージェントIT

最大手エージェントサービスのマイナビエージェントが運営している、IT系に特化した小規模のサービスになります。IT系の求人数は国内最大規模の転職サービスなので、転職活動を始めた時は最初に活用したいサービスです。



 

doda

大手転職サイトのdodaもIT業界希望者向けのサービスを展開しています。マイナビと同じように非常に求人数が多くて勉強にもなります。



 

大手のサイトは登録必須

大手サイトには登録しておいた方が良いです。大手サイトの求人情報を知らないと業界の全体像が把握できません。

特に今回ご紹介したマイナビエージェント、dodaはIT系・エンジニア向けのサービスがあるので、いずれかには登録した方がベターだと思います。

IT業界専門の転職サイト・エージェント

大手の転職サービスは様々な業種の求人を抱えているため、IT系に特化した担当者が少ないとうデメリットがあります(偶然詳しい担当者に巡り合える可能性ももちろんあります)。

キャリアプラン等についても相談をしながら、転職活動をしたい場合にはIT業界専門の転職サービスを活用するのがおすすめです。

Tech Stars Agent

エンジニア・WEB系の仕事等のIT業界に特化した転職サービスになります。サービス運営側の担当者がIT業界の事を熟知しているので、キャリアについての相談もしやすいのが大きな特徴です。



 

社内SE転職ナビ

社内SEの求人に特化した転職サービスです。社内SEは残業が少ない&常駐の仕事の様に変に気を遣う環境の仕事が少ないためにエンジニアには非常に人気があります。
社内SEへの転職を希望する際にはぜひ活用したいサービスです。



ゲーム業界専門の転職サイト・エージェント

IT系・エンジニア業界の中にはゲーム業界も含まれます。ゲームクリエイターの仕事は子供がなりたい職業ランキングでも上位に入る程の人気の仕事です。ゲーム業界で仕事に就きたいという方におすすめのサービスになります。

ファミキャリ

ゲーム雑誌「ファミ通」と同じ運営元が提供しているサービスで、名前もそのままファミキャリです。ゲーム業界で仕事を見つけるのは難しいというイメージがありますが、ファミキャリでは様々な求人を探す事ができます。また、ファミキャリの担当者が業界の事をよく分かっているので、何かと相談をしやすいサービスです。




転職成功の鍵

転職成功の可能性を高める鍵となる事をご紹介します。

転職サイト・エージェントを上手に活用する

今回ご紹介した転職サイト・エージェントを上手に活用しましょう。

各サービスには様々な特徴があります。求人数が多いもの、ゲーム業界に特化したもの等、様々です。それにエージェント等を活用する場合は、担当者がサポートしてくれる範囲等も異なります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自分に合ったサービスを活用しましょう。

いくつかのサービスを併用してみると、各サービスの特徴がより詳しく分かると思いますので、各サービスは併用するのがオススメです。

業務経歴書の作成と面接対策

IT企業やエンジニアの転職では必ず業務経歴書の提出が必要となります。

持っているスキルや経験等はこの業務経歴書にしっかりと反映する様にしましょう。転職エージェントで担当者が付いてくれるサービスの場合、担当者が業務経歴書の内容を添削しれくれるケースもありますので、その様なサポートがあれば活用しましょう。

また、企業の採用担当者とは必ず面接が必要になります。面接は事前に対策をした場合としない場合とでは全然結果が異なります。

面接に関しては、面接対策に関する書籍などがあるのでそちらを参考にすると良いと思います。また、こちらもエージェントの場合は担当者が対策を行ってくれる事があるので、サポートがあれば活用しましょう。

早く準備をする事

当たり前の事ですが早く準備をした方が良い結果に結びつく事が多いです。

準備の方法については本記事の前半部分で紹介をしておりますので、そちらを再度確認してみてください。

特に、転職サイト・エージェントを実際に活用した事が無い場合は、まずサービスに登録をして、どの様な流れで転職活動を進めていけるのかをしっかりとイメージできる様にしましょう。

まとめ

今回は転職サイト・エージェントの活用方法についてご紹介しました。

本文の中でもお伝えした通り、今の時代の転職活動はこれらのサービスを活用するとしないとでは結果に雲泥の差がでます。希望に沿った転職ができる様にぜひとも活用しましょう。

それと、サービスを活用する前に検討しなければならない事も多少ありますが、まずは実際に各サービスに登録をしてみる事をおすすめします。実際に使ってみると、想像していなかった所で意外とつまづいたりする事もあるので、少しでも早くサービスを利用してみると良いです。

実際に行動をしてみないと何も始まらないので、まずは動き出しましょう。